胡蝶蘭ギフトを初めて贈る方必見

祖父母の還暦祝い

小さい頃に両親が離婚し、私は父に引きとられて父と祖父母とともに生活をしてきました。

 

祖母が私にとっても母親がわりです。

 

そんな一緒に暮らしてきた祖父母が還暦を迎えた時にお花をプレゼントしました。

 

最初はお花ではなく他に何か残るものをプレゼントしようと考えていたんですがなかなか思いつかないし、小学校高学年の私にはお金がありませんでした。

 

祖父の方が祖母よりも2歳年上なので先に還暦を迎えるのですが、お花なら私のおこづかいでも買えるしお花を祖父にプレゼントすることにしました。

 

近所のお花屋さんを何件か見て1週間くらいかけてじっくり選びました。

 

それはそれはとっても祖父は喜んでくれてお小遣いをもらってしまいました。

 

2年後の祖母の時も同じくお花をプレゼントすることにしましたが、男性の祖父よりもお花選びは簡単でした。

 

祖母は好きな花の色が明確だったので迷う必要はありませんでした。

 

かすみ草でボリュームを出して花束を作ってもらい祖母にプレゼントしました。

 

祖母も祖父と同じようにとても喜んでくれてちょっと涙ぐんでいたことをはっきり今でも覚えています。

 

それからは毎年の誕生日にもお花を2人にプレゼントするようになりました。

 

ずっと形の残るプレゼントも素敵ですがお花も喜ばれることを知りました。